【イギリスさみだれ旅行】エリザベスラインと日立の車両工場

記事内に広告が含まれています。
*スポンサーリンク*

2022年5月に開通したエリザベスラインに乗ってパディントン駅へ行きました。

途中で日立の車両工場を発見!

これがトンネル内で立ち往生したユーロスターを救出にいった電車を作った、

日立製作所の工場かと感動しました。

1日目 羽田空港~ヒースロー空港移動のみ。ホテル着
2日目グラストンベリー観光
3日目バブで夕食
4日目大英博物館
5日目ホテル移動
6日目リーズ城とカンタベリー(現地ツアー)
7日目マダムタッソー館(蝋人形館)
8日目キューガーデン
9日目ミュージカル鑑賞(ライオンキング)
10日目ケンジントン公園
11日目ヒースロー空港~移動
12日目~羽田空港移動のみ
イギリス12日間の行程

2022年5月17日エリザベスライン開通

4年遅れで2022年に開通したエリザベスライン。

5月に開通して4か月足らずでエリザベス女王が崩御という

間に合ってよかったなという路線です。

上左:車両のボディにエリザベスラインの文字

右上:エリザベスラインの車両内

右下:エリザベスラインの通路

下:エリザベスラインのホーム

ユーロスターの立往生を救出した日立の395形ジャベリンの話

相方さんが話してくれましたが、

昔、ユーロスター内で立ち往生した車両を

助けに行ったのが日立の車両だそうです。

調べてみたら、395形という車両だそうで、

↓関連記事(Wikipedia イギリス鉄道395形電車)

イギリス鉄道395形電車 - Wikipedia

この話はYouTubeで検索するともっと深い話があり

日本の車両、さすが!超優秀!と嬉しくなります。

「ユーロスター ジャベリン」で検索すると

いっぱい出てきます。

この395形のおかげで800形の大量受注につながったとか。

395形の愛称はジャベリン、

800形の愛称はAzuma(あずま)らしいです。

Azumaという愛称は一部の路線での

ものらしいですが、私の頭の中では

すでにアズマ型車両として

インプットされてしまいました。(笑)

よく見ると「Puddington Bear」の文字が見えます。

パディントンに行くからパディントンベアの文字を付けたのかしら?

HITACHIの工場発見!(ノース・ポール国際車両基地)

エリザベスラインのアクトンメインライン駅から

パディントン駅までの1駅が随分長いのですが、

なんと!そこでHITACHIの工場を発見しました!

あとで調べたら、ノース・ポール国際車両基地と出て

日立の車両整備の工場だそうです。

Inspire the Nextの文字が見えます。

日本の会社のこんな大きな車両基地が

ロンドンにあるなんて。。。。

なんだか感動しました。

パディントン駅到着

パディントン駅に着きました。

エリザベスラインの改札を出て地上に上がり

国鉄の駅に行きました。

***** ↓↓ 広告 *****

↓よかったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
タイトルとURLをコピーしました